我が家のマシン紹介(99/5/9)

現在稼働中の我が家の自作マシン紹介

No.CPU / ClockOSMemoryHDD Mother Video Comment
1 PentiumII/333 x2
@515MHz x2
NT4.0 512MB Total:36GB
Barracuda18LP
DDRS31930LWx2
(AHA2930U2)
SL-68A(改) AGP-V3000 メインの仕事マシン(NT)
Over1GHzマシンの製作記事のマシンです。
RC5クラッキングも稼働中
2 PentiumII/300 BSD/OS 4.0 256MB Total:17GB ASUS-P2B PowerWindowDX メインの仕事マシン(unix)
3 MMX Pentium/200 BSD/OS 4.0 64MB 4GB AX59 TRIO64+ ネームサーバーとメールサーバー
4 Pentium/133 NTServer 4.0 32MB 2GB Triton ??? ダイアルアップサーバー
5 Celeron300A/463 Windows98 256MB 6GB
FBST6.0
(AHA2940U)
MS-6153 PWR128-GTV サブの仕事マシン1
6 K6-2/400 Win98 128MB 4GB AX59Pro Spectra2500 サブの仕事マシン兼ゲームマシン
7 PentimuII/333 @560MHz Windows98 128MB 9GB BH-6 MonsterFusion テスト用マシンです。
I/O電圧可変アダプタ使用。
現在、560MHzで連続テスト中。
620MHzでBIOS起動しました。

我が家の歴代のマシンたち under construction

購入年名称コメント
1976TK-80このマシンとの出会いがすべての始まりでした
1978TK-80BS128,000円と高価でしたが、これでパソコンらしくなりました。
1978Z80(4MHz)CPUボード 完全自作マシン第1号です。CPUのスペックシートをみながら自分で設計しました。放熱、電圧アップ、バスのプルアップなど、オーバークロックの基本となる実験もできました。TK-80BSに接続して、猛スピードのBASICを楽しんでいました。
1979PC-8001 色が出るというのが最大のウリでした。電源内蔵でスマートなボディも魅力でした。このころから、ソフトがビジネスとして成り立って来ました。
now printing...


我が家に眠るガラクタたち

捨てるに捨てられない銘品の数々を紹介します。

名称購入時の価格 コメント
1倍速(?)CD-ROMドライブ 190,000円 高かったなぁ...
2400bps半二重のモデム 240,000円 これでホームバンキングシステムが動く筈だったのに...
PC-88VA2(プロト) タダ その昔、このマシンの開発にも携わっていました。
PC-8001(プロト) タダ 今だから言えるけど、某社から借りてそのままになったものです。
i8087 150,000円 今まで買った半導体の中で未だに最高の金額です。
PC-6001 89,500円 通称パピコン。ゲームで稼がせてもらいました。
TK-80(BS) 88,500円 ガラクタと言うにはあまりにも銘品です。
RJX-601 忘れた 番外編ですが、知るしとぞ知る銘機です。2SC1307にパワーアップ済。

to be continued, and forever...