my TRANSPORTER(トランポ)


トランポとは

バイクを運ぶための車やトレーラの事です。 バイクをレース仕様に改造すると、公道を走る事ができません。 むりやり保安部品を付けて公道を走れるようにしても、 転倒して壊れてしまうと帰れなくなりますし、 スポーツランの後にバイクに乗って帰るのはとても疲れます。 安全性や利便性を考えると、トランポはサーキットランを楽しむための必需品と言えるでしょう。

トランポで最も人気が高いのは、大きめのワンボックスカーです。 ハイエースクラスなら余裕で積めますし、 ステップワゴンも人気が高いです。 普段は普通の車として使い、サーキットに良く時だけバイクを積むひともいれば、 車の中がガレージになっている人も見かけます。

いっぽう、トレーラはオフロードバイクでは人気がありますが、 オンロードではあまり見かけません。 おそらく、ワンボックスの方が運転も楽で雨にも濡れず、駐車スペースにも 気にしないですむからでそう。

私の場合、バイク用のガレージを借りているので駐車スペースに困らない事、 家族4人+バイクという構成は、5ナンバーのワンボックスでは難しいことから、 トレーラーを購入することにしました。


格安トレーラ購入


組み立て中のトーレラー
フレームの組み立ては比較的
簡単で、ここまで2時間ぐらい。
ハーネスの配線に苦労した。
トレーラの相場は25〜30万円ぐらい。なんとか安いトレーラはないものかと、 インターネットを漁っていたら、ありました。 「組み立てキッド 128,000円」というものでした。キッドとなまっている所が 気になりましたが、案の定、茨城の会社でした。(笑)

Sea Marine というメーカーで、ここはボート屋さんです。 ボート用のトレーラを販売しているのですが、 ラインナップの中に「ボート/バイク兼用トレーラ」というものがありました。 これは、ボート用トレーラの上にアミ棚を乗せて、バイクや4輪バギーにも対応したものです。 さっそく電話で注文、 車に付けるヒッチ(トレーラを引っ張るための金具)も一緒にたのみました。 納期は約二週間。完成品だと2万円ほど高くなるので、 迷わず組み立て式を選びました。これが思わぬ落し穴だったのですが…

SeaMarineの応対は非常によく、ブツを取りに行った時もとても親切でした。 取説やマニュアルの類は簡素ですが、「分からない事があったら何でも聞いてください」と、 何度も言われました。 そして、総重量にして200Kgを軽く越えるパーツを、なんとかレガシイに押し込んで帰りました。 しかし、重いです。一つのダンボールが20〜40Kgぐらいあり、それが何箱も…。 アミの部分は3分割されているのですが、これも一つ30Kgあります。 次の日は筋肉痛になりました。



--- now printing ---