2007 Motegi Road Race Championship Round 1I


スターティンググリッドにて。(撮影 サー食ta-1さん)

index

2007/4 エンジンオーバーホール
2007/5/4 練習走行で転倒
2007/5/25 特スポ
2007/5/27 予選・決勝


★プロローグ

第1戦は予選こそ自己ベストでクラス4位と良かったものの、決勝ではスタート失敗とラストラップでのコースアウトで順位 を落としてしまい、悔しい結果となってしまいました。しかし、一発のタイムでは1秒台も狙えるところまできたので、第2戦は併催される東日本エリア戦にダ ブルエントリーすることにしました。


いよいよ2007シーズン開幕です。今年も昨年に引き続き、CBR1000RR 06でオープンチャレンジクラスに年間エントリーします。ここのクラスは今年で2年目になるので、少しでもポイントを稼いでシーズンエンドパーティーに呼 んでもらえるようになりたいです。

昨シーズンを振り返ると、第1戦はマシンに慣れる時間がなく、第2戦は自己ベストを出して良い結果となりましたが、第3戦は不調に陥り、第4戦は転倒とマ シントラブルの影響で結果を出すことができませんでした。今年は1年を通して安定した成績を残せるよう努力したいと思います。

昨年10月の転倒以来、タイム的にも不調が続いているので、冬の間できる限り走行しました。暖冬のおかげもあり、冬の間の練習はそれなりに成果があったと 思います。予選までに走ったのは8日間で219Lap。ベストタイムは4秒2ですが、タイムアタックはしていないのでレースではもう少し良いタイムがでる と思います。これだけ練習したのですから結果を残さねば。


2007/4 エンジンオーバーホール

私のCBRは3月のレースで走行距離が3000Kmを超えたので、エンジ ンをオーバーホールしました。

いつも頼んでいるモリワキにエンジンを発送、全日本で忙しい中、予定通り仕上げてくれました。感謝です。

モリワキに出したといっても、特別なチューンをしたわけではありません。基本オー バーホールのみです。

消耗して交換したパーツは、ピストンリング、コンロッドメタル、バルブスプリング、カムチェーン、カムチェーンスプロケット等でした。いずれも想定内のも ので、特に問題は無かったようです。

右の写真は、豪華な箱に入って 到着したエンジン。この箱はCBR1000RR専用のようで、とてもシッカリしていてカッコイイです。ちなみに、エンジンを送 るときに使った箱はミカン箱のような頼りないものでした。


エンジンの装着はガレージで行いました。クレーンがあるので楽にできるはずなのですが3人がかりで悪戦苦闘。1000RRのエンジンを着けるには けっこうコツがいるようです。マシンが仕上がったのは夜の10時、6時間ぐらいかかってしまいました。hiraさん、なべさん、ありがとうございました。

右の写真はヘアライン仕上げのポート。カーボンを落とすついでということで、サービスで磨いてくれました。(吸気ポートにはカーボンつかないと思うけ ど...)



2007/5/4 転倒


もうすぐもてロー&エリア戦ということで、根性で予約を取ってもてぎに行ってきました。

もてロー第2戦は東コース開催なので、東のスポ走は願ってもありません。天気は快晴で、ピットではもて耐の練習で来ていたネコノヒタイ夫婦とご一緒させて もらいました。

1本目はナラシの仕上げです。すでに1時間以上ナラシをしたので、アクセルはやや控え目に10000rpmまで回しました。タイムは33秒台後 半。思ったより良いタイムです。後半は11000rpmまで回しましたが、全開にはしませんでした。それでもタイムは33秒1と、悪くないです。

2本目はいよいよ全開にします。レブリミットも12000rpmまで上げ、ナラシ終了です。ところが、タイムは32秒台の中ごろしかでません。東ショート カットの走り方を練習するために、サスを前後とも抜いていたので、一度ピットインして元に戻しました。

今度はすぐに32秒台前半が出たので、いよいよタイムアタックが出来そうです。しかし、混んでいてなかなかクリアが取れません。2秒ぐらいロスして32秒 後半といったラップがいくつかあり、フラストレーションが溜まります。

5コーナーでなかなか抜けなかった250ccのバイクを抜き、S字で追いつかれないように気持ち速めにS字に進入しました。とはいっても、レースの時より はずいぶん控え目です。

そしたら、いきなりフロントが「ズズズッ」と変な挙動を出して、次の瞬間マシンのバンク角は90度に達していました。マシンは究極のバンク角を達成しまし たが、ライダーが追従できずグラベルに放り出されてしまいました。

昨年の雨の転倒の時と同じく、コースを少し滑走したあと縁石でジャンプ。5回転ぐらいしてなんとか止まりました。(回転中は無理に回転を止めよう としないのがコツです。^^;) 前回はちゃんと足から着地できましたが、今回は縁石で胸を打ってしまったので着地は失敗でした。なんとかガードレールまで歩いていき、オフィシャルの車を ヒッチしてピットに戻りました。

ネコノヒタイさんにメディカルに連れていってもらって応急処置をし、皆様に後片付けを手伝ってもらってなんとか撤収できました。お手伝いしてくださった方 々、ほんとうにありがとうございました。

怪我の方は左の肋骨と右手親指の負傷ですが、シップしてればそのうち自然治癒するレベルです。今度からはバンク角は45度ぐらいにしておきます。(汗;

レース前の時期に転倒して怪我するなんて最悪ですが、なんとかレースには出ようと思います。妻の説得が最大の難関です。(^^;

究極のバンク角達成の瞬間映像↓ (良い子は真似しないでね)
http://nws.techarts.co.jp/godai/20070503-ikeda-crash.wmv


2007/5/25 特スポ


いよいよ今週末はもてローの第2戦です。

今回は、エリア戦にもエントリーしてダブルエントリーです。
しかも、いつもは土曜日に行われるJSBのエリア戦が、なんと日曜日に開催されます。(なぜじゃ〜 >_< 涙)
同日のダイブルエントリーという年寄りにはキツイ事になってしまいました。もう、予選は3周ぐらいで終わらせて体力を温存しなければなりません。はたして どうなることやら。


タイスケは以下のようになっております。

5/25 金曜日
10:00〜10:30 特スポ JSB
14:00〜14:30 特スポ Open

5/26 土曜日
8:55〜 9:45 受付
10:00〜10:30 車検

5/27 日曜日
8:45〜 9:10 JSB ブリーフィング
10:10〜10:30 JSB 予選
10:45〜11:10 OPEN ブリーフィング
12:10〜12:30 OPEN 予選
12:25〜12:45 JSB スタ前チェック
12:50〜13:30 JSB 決勝
15:25〜15:45 OPEN スタ前チェック
15:50〜16:30 OPEN 決勝

オープンの予選とJSBのスタ前が完全に被ってます。疲れそう。。。(>_<)

早起きしてペイントしたタンクカバーのグリーン部分。ここはまずまず上手く塗れたのですが、シートカウルのゼッケンベースはいまだかつて無いほど大失敗。 TOMさんに見られる前に削ります。(汗;
白はベース塗らないと厳しそうなので、レースが終わってからゆっくりやります。


2007/5/27 決勝


週末の過酷なレースが終わりました。

二日とも天気が良くて、ライダー以外は目立った問題もなくレース日和でした。

1本目 (JSB予選)

5/3の転倒後にスキルアップで走ったら10秒切れないという超ダメダメ状態だったので、感覚を取り戻すためにとりあえず32秒ぐらいのタイムが出たら終 える予定でした。6LAPして32秒188。
リハビリなのでこんなもんです。

2本目 (オープンチャレンジ予選)

少し調子が戻ったので、今度は30秒台が出るまで頑張ろうと思いました。ベストが31秒2(遅すぎ)だったので、ベスト更新の30秒7がでました。でも、 オープンクラスは皆速くて、グリッドは20位。このまま調子が上向けば30秒切れそうな感じはしました。

3本目 (JSB決勝)

珍しくスタートが成功して、なんと前列の1台を抜く事ができました。私にとっては大成功です。でも、その後タイムが伸びず、疲れてきたのと後ろが 離れていたので無理せずに体力温存しました。14LAPは長いです。まるでもて耐みたいでした。結果はビリから4番目でした。まぁ、もともと練習のつもり でエントリーしたので、結果は気にしないです。

4本目 (オープンチャレンジ決勝)

またまたスタートがうまく行って、1〜2台抜く事ができました。今日はスタートが調子いいです。ところが! 90度コーナーでなかねっちが転倒。 マシンと一緒にコースをゴロゴロ転がって、危うく轢かれるところでした。かなり危なかったですが、怪我もなかったようで不幸中の幸いです。これで赤旗中 断。

中断かと思いきや、レース仕切りなおしです。こっちは体力の限界ぎりぎりなのに、3LAPも無駄に走った上にスタートの緊張もあり、正直かなり堪 えました。サイティングからやりなおしの再レースは初体験でした。でも、またスタートは悪くなく順位を落とさずにスタートできました。この調子で前を行く バイクに離されないようにと思って頑張ったのですが、5LAP目の5コーナーで左足が攣ってしまって、130Rでコケそうになり、その後は下半身に力が入 らない状態でなんとか最後まで走りました。タイムも34〜35秒台と、ナラシ運転の時より遅いです。最後には梨本選手と奈須選手にLAPされてしまいまし た。おなじカテゴリーのマシンにLAPされたのは初めてです。


最後のレースは最低の走りでした。もう、ナサケナイの一言です。もて耐までにまじめに鍛えなおさないといけませんね。自分の体力を過信していたと反省して ます。「こんなはずでは」というのは年をとった証拠ですね。^^:

いつもながら手伝いに来てくれている八幡さんと斎田君、そしてhiraさん、ハードスケジュールの中ありがとうございました。もう、同日のダブルエント リーはやめときます。(今回も知らないでエントリーしちゃったのですが)

次はもてロー+もて耐予選のこれまたダブルですね。まぁ、予選は時間も短いし次の日だから大丈夫だと思います。
こんどこそイケてる走りができるように頑張ります。


ポ イントランキング
pos 氏 名 1 戦 2 戦 3 戦 4 戦 合 計
1 川 田 正浩 20 20       40
2 長 島  均 17 17      34
3
長 田 政樹 11
13


24
4 能 見 孝 15       15
5
冨山 正和

15


15
6 倉 山 寿生 13       13
7 広 原 祐貴
  11     11
8
中 根 裕 10       10
9
浅見 隆
10


10
10
池 田 公平 9       9
11
猪股 雅人

9


9
12
竹 之内 和乃 8       8