2006 Motegi Road Race Championship Round 2
オー プンチャレンジクラス 参戦記 その1
スタート時の写真
スターティンググリットにて。(撮影 サー食ta-1さん)

2006/4/8 練習走行
2006/4/17 練習走行(東)
2006/5/2 練習走行(丸山浩)
2006/5/4 練習走行
2006/5/15 もて耐公開練習
2006/5/17 練習走行(スキルアップ)
2006/5/19〜20 特スポ、受付日
2006/5/21 予選・決勝日



★プロローグ

今シーズンからよりハイレベルなオープンチャレンジクラ スにスイッチし て、最新型のマシンで上位ライダーたちに挑みます。非力なSP-1で5秒をマークし てましたから、最新型の1000RRなら3秒は出るかなと、淡い(アマい?)期待をしていました。

ところが、蓋を開けてみるとまったくタイムが出ません。練習では出なくても、レースではそこそこのタイムがでるものですが、第1戦の決勝もベストは7秒 4。順位とかポイントを考える以前のレベルです。

マシンは速い事は間違いないので、乗り方が大きく間違っているに違いありません。これはもう、沢山練習してなんとかコツを掴むしかないと思いました。その ため、5月21日の第2戦までは、家族サービスはペンディングにして、仕事も極力休みをとって本気で練習モードに入ることにしました。 (息子たちよ許してくれ!)

休日は息子まで借り出して練習に


4/8(土) 練習走行 ベストラップ2分7秒811


土曜日の走行枠がとれたので、レース後初となる練習走行 に行ってきました。

天気が怪しいせいか、土曜日なのにフルグリッドではありませんでした。 一本目は天気も持ってくれて、休日にしては走りやすかったです。

今回は、ホイールをSP-1で使っていたマルケに変更し、ファイナルを16-44に変えました。チェーンは116リンクなのでホイールベースが若干短め で、06EURO仕様並になっています。他に、ブレンボのマスターとHRCのハイスロを入れたので、あとはカウルをFRPのレーシングカウルにすれば、 やっと人並み?の装備になります。

サスのセッティングは決勝の時と変えてないのですが、軽いホイールと短くなったホイルベースのおかげで、前よ りも良く曲がるようになりました。休日のスポ 走なので、クリアラップはほとんど望めませんし、先日死亡事故があったばかりなので、遅いバイクに引っかかったらあきらめてスローダウンしてい ました。それでも、先日の決勝レースの時とほぼ同じタイムがでました。区間タイムでは、決勝レースよりも速かったです。

SP-1で使っていたマルケを装着

おそらく、ハイスロの効果がいちばん大きいよう思います。恐怖心もあり、いままでアクセル全開にできていない場所が多かったです。ブレーキも、純正よりも だいぶタッチは良くなりました。同じラジアルマスターでも違いますね。ただ、ブレンボのレーシングキャリパーとは比較にならないレ ベルですが。。。(まだダストシールは付いたままです)

2本目は雨が降り始めていたのですが、小ぶりだったので走りました。しかし、4週目に本降りになったのでピットイン。その直後に土砂降りで、走行時間が終 わるころには晴れ間がでていました。(涙) ピンポイントに走行時間に降られてしまってツイてないです。

今のセッティングではバンク角が足りないようで、ブーツの先が何度か接地してしまいました。次回はすこしリアの車高を上げてみようと思います。




4/17 練習走行(東コース) ベストラップ 1分32秒265


最近、練習走行は雨に降られてばかりだたけど、今日は快 晴でバイク日 和。平日の割には人が多く、なぜかNクラスの人が多かったです。

今日はRPの走行枠が4本あるのですが、とりあえず1本目から走って様子を見ながら2〜3本走ろう思っていました。

1本目。リアの車高を上げたので、様子を見ながら走行。しかし、フルグリットか? と思えるぐらい混んでいて、まったくクリアが取れません。3周目に赤旗中断。130Rで飛んだ人がいたようです。その後もクリアとれないまま、フラスト レーションの溜まる走行でした


2本目は、サスのセッティングを変えて走行。またまた赤旗中断。路面温度も高くてコンディション良いのに、なぜか転倒が多くて 黄旗ばっかり。タイムアタッ クどころではありません。もう、途中で走るのやめようかと思いました。

学校が休みなので息子ともてぎへ

3本目、ドンツキを改善しようと、燃調をいじってみました。3本目はなぜかガラガラ。19周して、12周ぐらいはクリアラップだったです。1〜2 本目のフラストレーションも、3本目で解消できました。後半はリズム良く走れて、32〜33秒ぐらいで安定してタイムがでました。ベストはSP-1の 0.3秒落ちでしたが、ようやくSP-1のタイムに近づいてきました。

ドンツキもかなり改善されて、アクセル開けやすくなりました。タイヤが終わりかけている事を考えれば、良いタイムだったと思います。(まだまだ 1000RRの本領は発揮できてないけど)

3本目に結構頑張って走ったので、4本目は走らずにバイクの整備をして帰りました。今日は息子の小学校が休みだったので、お手伝いにつれてきました。スタ ンドがけはまだ無理ですが、「ちょっとそれ取って」ができるので助かりました。(笑)

東コースはビクトリーコーナーと1〜4コーナーの練習はできませんが、1周のタイムが短いのでそれ以外の箇所は重点的に練習ができます。今日一日で 55LAPもしましたから、良い練習になりました。



5/2  丸山浩サンデーレースやろうぜ ベストラップ2分27秒4 (ウエット)

 
久々の走行も、残念ながら朝から雨。レインタイヤとホイールを車に積み込んで、少し遅めに家を出ました。8時ごろパドックに到着。受付を済 ませて、平松さ んのいるピットにいきます。

今日は4輪を含めた走行会なので、ピットの3分の1ぐら いは4輪が占 有。各走行枠ともフルグリッドなので、ピットは満杯です。

もてぎの雨脚は強く、どう考えてもレインです。レインタイヤは新品で、ホイールにも組んでいなかったので、急いでタイヤを組んみました。3月のレースから オイル交換していなかったので、並行してオイルも交換。丸山さんと戸田さんの楽しいブリーフィングに出席していたら、すっかり時間がなくなってしまいまし た。

1本目の走行まであと10分。ツナギに着替えて、ゼッケンとポンダーをつけて。。。と準備していたら走行時間に。あわててマシンを暖気して出ようと思った とき、ふとタイヤを見ると、なんとフロントホイールが逆組ではありませんか! 
今回の走行は20分しかありません。ホイー ルの組み換えは、データロガーのセンサーを外して、フロントフェンダーを外さなければなりません。雨も強いの で、ここで1本目の走行はあきらめました。

4輪も一緒なのでピットは混雑

午前中はこれで終了。大越夫妻らと昼食をとって、午後の走行を待ちます。

雨脚は若干小ぶりになったものの、路面は完全にウエットです。1000RRに乗り換えてから、雨に降られてばかりなので、雨の練習もよいかと思いまし た。今日はスポ走ではなく、走行会なので、登録車と混走です。ヘッドライトやウインカーのついたマシンと一緒に走るのは非常に久しぶりです。

タイヤウオーマーで温めていたとはいえ、1周目は慎重にいきます。しかし、登録者の人はいきなり全開? タイヤをみるとドライタイヤ。「おいおい、大丈夫 かよ」 と人の心配もよそに、レインタイヤの私と同じぐらいのペースで走っています。案の定、立ち上がりでリアを大きくスライドさせて、グラベルへと消えていきま した。2周もすると、至る所でコースアウトしたマシンが。。。黄旗ばかりでペースが上げられません。

10分ぐらいすると、コースもクリアになってきました。新品のレインタイヤはグリップもよく、まったく危なげがありません。2年前のモテローの決勝で、3 年物のレインタイヤで走ったときとは大違いです。コーナーでのグリップ感を確かめながら、少しずつペースを上げていきました。

20分の走行時間はあっというまに終わり、タイムは2分34秒。2年前の決勝レースはズルズル滑りながらで30秒がやっとでしたから、ずいぶん楽になりま した。

3本目の走行も雨は止まず、ウエット状態。2本目の走行で体が慣れていたので、今度は最初からいいペースで走れました。さっきのタイムは早々に更新し、終 盤にコースがクリアになったところで27秒4を記録。SP-1で出したウエットでの記録をあっさりと更新してしまいました。

今回の走行で、レインが好きになってしまいました。ドライではまったく追いつけないSP-1のタイムを更新でき、しかもまだ余裕があります。レースならあ と数秒は詰められると思います。雨の走行でしたが、晴れやかな気分で帰路につきました。

次の走行は明後日の4日です。遅れに遅れていたマジカルのカウルも明日入荷予定なのですが、ゴールデンウイークのまっ最中なので、家族サービスもしなくて はなりません。はたしてカウルの装着が間に合うかどうか、心配です。



5月4日スポーツ走行 ベストラップ2分7秒761


今日はスポーツ走行が5本あります。連休中ということも あり、全クラス フルグリッドです。私は、かろうじて最後の2本が予約できたので、午後からもてぎ入 りの予定でした。しかし、昨日届いたマジカル製のフルカウルを朝から装着していたのですが、これが一筋縄ではいきませんでした。

まず、ボルトの穴が空いてなく位置ぎめもされてません。穴の位置を決めるのに結構な時間がかかってしまいました。スクリーンの穴も開いていないので、慎重 に穴を開けないと割れてしまいます。ほとんど力をかけずに、摩擦熱で溶かしながら開けていくようにしたらきれいに開きました。アンダーカウルがどうしても シフトリンクと干渉してしまい、何とか位置を決めて、干渉するところには応急的にグリスを塗っておきました。


SP-1のときからマジカル製のカウルを使っていましたが、装着は至って簡単にでき、ボルトオン感覚でした。精度もよくて干渉 もなかったので、今回もマジ カルにしたのですが、これでは納期の早い他社製と変わらないではないですか。今までの信頼が一気に崩れました。

2月に注文したカウルがやっと到着

そうこうしているうちに午後になってしまい、15時30分からの走行に間に合わなくなってしまいました。その走行はhiraさんとシェアーすることにし て、急いで家を出ました。

もてぎのパドックに着いたのは15時25分。連休中ということで、ゲートを通過するのに20分以上かかってしまいました。ピットではすでにhiraさんが 走行の準備を終えてでるところです。次の走行まで1時間半しかないので、私も急いで準備にとりかかりました。

20分ぐらいでhiraさんがピットイン。どうやらガス欠のようです。その直後に赤旗中断でそのまま終了。メディカルに5人ぐらい呼び出されており、重大 事故が起こったようです。

本日最後の走行となる10グループは、17時からです。いつもは最後の走行だと若干空いてくるのですが、今日は相変わらずフルグリッドです。タイヤも3時 間物なので、慎重にいきます。

なかなかクリアが取れなくて、ドライの走行は2週間ぶりということもあり、いまいちリズムに乗れません。今日は内足加重を意識しながら、低速コーナーの練 習を重点的に行いました。おかげで、3コーナーと5コーナーは今までより思ったラインに乗せやすくなりました。タイムは7秒台後半でしたが、すり減ったタ イヤと混雑を考えれば悪くないです。


5/15 公開練習 ベストラップ6秒245


1000RRはようやくフルカウルとスライダーがついて、見た目がレーサーになりました。塗装がプラサフを吹いただけの中途半端な状態です が、マシン的に はレース仕様です。

1本目といっても1時間ありますが、とりあえずニュータイヤでコースイン。モテローの予選が20分しかないので、20分以内にタイムを出す事を念頭にいれ て最初からペースを上げました。3周目は10秒フラット、4周目に8秒5、5週目には6秒台に突入しました。そして、7周目に1000RRでのベスト6秒 245を記録して、8周目も6秒 台にいれてピットイン。予選の良いシミュレーションができました。SP-1の時も、予選で6秒台が3ラップも出せれば上等でしたから、ほぼ同じレベルまで 到達した感じです。

走行後にブリーフィングがありましたが、いつになく暗くて真剣な面持ちのスタッフでした。それというのも、5月4日のスポーツ走行で死亡事故があったため です。第1回のもて耐でも死亡事故がおきていますし、3年前ももて耐の練習中にライダーが亡くなっています。これ以上死人がでたらもて耐の存続事態が危ぶ まれる状況かもしれません。ブリーフィング後半の質疑応答も、いつになく多くの意見がでて、有意義な話し合いができたと思います。スポーツ走行での死亡事 故は、それぞれのライダーに も重く圧し掛かっている事実なのですね。

2本目の走行は15:40〜なのでかなり時間があきましたが、マシンの整備をしたり、なんやかんやであっという間に走行時間に。いそいで着替えてコースイ ンしました。マシンのセッティングも大きく変え、リアのリバウンドを抜いて、フロントのイニシャルとコンプレッションを抜き、リバウンドを入れました。 ちょっと一度に 変えすぎですが、前下がりの姿勢を作ろうという意図でした。

コースインして数週走りますが、いい感じで走っているつもりでタイムを見ると14秒? ちょっと頑張って12秒?? なんか、体感より5秒以上遅いです。どうもリズムに乗れず、気持ちばかりで走っている感じ。ピットインして、フロントのリバウンドを逆に抜きました。フロ ントの接地感を出す目的です。

こんどは、立ち上がりもいい感じでフロントが頑張ってくれて、先ほどより走りやすいです。しかし、タイムは11秒。どうやらセッティング云々ではなく、人 間がダメだったようです。ブリーフィングで死亡事故の話を散々行ったので、ビビリミッターが効いてしまったのでしょうか。

今回は、マシュマロまんさんに私のマシンを試乗してもらいました。やはり、自分のマシンよりタイムはかなり遅くて、頑張った割には タイムがでないと申しておりました。それでも私よりは速いのですが。いきなり乗った他人のバイクで、さすがです。

SP-1と同程度のタイムは出るようになってきましたが、マシンのポテンシャルを考えるとまだまだやることは多そうです。なんとか今週のモテローにつなげ るセッティングを見つけたいです。



5/17 スキルアップミーティング ベストラップ2分5秒2


今日はもてぎのスキルアップミーティングに行ってきまし た。

ファイナルを16-44から15-42にショートに変更して試そうと思い、朝の出発前に15Tのスプロケを探すこと1時間。結局見つからずにあきらめて出 発しました。

1本目は一昨日と同じセットで走りましたが、マシュマロまんさんのビデオ映像をイメージしながら走ったところ、わりと良い感じで走れました。

2本目は午後なので時間があります。同じピットのmasauさんが、15Tのスプロケを持っていたので、お借りして15-42にファイナルを変更しまし た。

コースインして、3週目に7秒1がでました。クリアではないのでロスも けっこうありましたが、リズム良く走れました。そして、4周目に5秒192 がP-LAPに表示されました。練習で5秒台前半が出たのは、SP-1も含めて初めてです。次の周も130Rまでは好調でしたが、そのあと集団にひっか かってしまって激しくロス。そのあと赤旗中断でピットインしました。

マシン不調でスロー走行していたら、
初心者用ビブを着けさせられた
masauさん(元STチャンプ)


タイヤも2時間半以上経過しているので、その後はタイムアップを狙わずにブレーキやアクセルワークの練習に重点を置きましたが、6秒台は無理しなくても出 る感じになりました。

ようやく、SP-1の時と同じぐらいのタイムで走れるようになりました。ファイナルを変更したことと、上手な 人の走りを参考にできたことが重なって、やっ と4気筒に合った走り方ができてきたようなきがします。

写真上は、エンジン不調でスロー走行していたら、オフィシャルから「初心者はビブゼッケンつけてくらさい!」と屈辱的な指導をされたmasauさんと、 masauさんにビブを着せているきむしげさん。masauさんは数年前のスーパーツインの年間チャンピオンなのですが。。

写真下は食事中の息子とmasauさん。今日は息子の小学校が創立記念日で休みだったため、メカニックとして 連れてきました。
スタンドがけとごみ拾いを担当。使い古しのスプロケの掃除をお願いしたら、パーツクリーナー1本使いきってしまいました。(汗)


小学校が休 みなので息子ももてぎへ



>>>予選、 決勝日へ